何を使い分ける?

良く使われる補正とテクニック

写真を加工する時は、加工フィルターを使えば簡単にアレンジできますが、ここでは一般的なコツを紹介します。
ライトアップやぼかしを使うと被写体が明るく白くなり実際より透明感が増して綺麗に見えます。
一番簡単な方法で携帯やカメラに入っている補正機能のボタン一つで出来ます。
撮影時のテクニックで良く使われるのが、被写体を可能な限りアップして背景をぼかしたり、ズームすることで被写体自体縁をぼかしてしまうものです。
影が少ない分明るさが増し、特にフード関係ではとても美味しそうに見える効果です。
撮るアングルも重要です。
よくホテル施設などで使われる斜め撮り、高いところから全体を撮影し静止画またはミニチュアのように見せて撮る方法です。
カメラのズームでは解像度が下がってしまいますので、撮りたいものに近づいて撮影しましょう。

写真を魅力的に撮るためのアプリを厳選

写真加工アプリは今や数十種類も出ておりインストールして使っている方も多いはずです。
何を選んだら良いか悩む時は、なんの対象物が一番多く撮るかで決めることを勧めます。
何個かインストールして使い分けている方もいると思います。
旅行先の景色やフードを撮る人は写真レタッチのついたものが良いです。
これは鮮度だけでなく不要物を取り除く機能もあり旅行雑誌のような景色が撮れます。
撮りたくなる美味しいフード、これはオシャレ撮りが得意と紹介されたフィルター機能のもの。
簡単なフィルター設定で美味しい写真が作れます。
総合的に試したい時は、初心者向けのものがお勧めです。
写真一枚でも加工によって写り方の違いが直ぐ分かるともっと楽しくなります。